スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸太1面カット! 


最近では定番商品として人気がでて、コンスタントに発注をいただいています『丸太1面カット』です

製材機の台車に丸太をすえたら、製材するところを慎重に決めて、あとは思い切って挽くだけです。


ブログ用 279

ブログ用 274

ブログ用 277
製材した面は新しいきれいな木目が見えます。

スポンサーサイト

倉庫見学来社 

大阪より PROCESS5 Designのお二人が、倉庫の見学にお越しくださいました。

現在計画中の美容室に使う古材の下見に来ていただいたんですが、現物を見ながらいろいろと提案もさせて頂きました。製材所は珍しいのか、古材だけでなく、いろんな木材の切れ端なんかも興味深く見学をして頂きました。普段、見慣れている私たちと違って、新しい視点から見ておられるので、面白い使い方なんかもしていただけるとありがたいです。今後、具体的にどんな内容になっていくのか楽しみです。

ダブル選挙で暑い大阪からこられたからか、少し寒そうで申し訳なかったです。先日こられた京都の方にも寒いといわれたような・・・田舎で田んぼの真ん中なんで、都会の方には厳しいのかも?皆さん覚悟して、ご来店ください。


古材 090-1

古材1面カット! 

天井の付梁にするため古材の丸太の1面カットをしました。お気に入りの1本を探して製材機に据え付けます。
古材 005

古材に傷をつけるといけないので、カスガイを直接ささずに板をかまします。
古材 008

位置をしっかり決めたら後は製材するだけです。準備には時間がかかりますが、挽きだすと早いです。古材 010

こんなんできました。いい感じに煤色に色がついて製材した面とのコントラストがきれいです。古材 014

現場では、この製材した平らな面が天井にぴたっと張り付きます。古材 016

古材磨きちゅう 

DSCN0022.jpg

お客様が、図面をもって、現物と照らし合わせにこられるため、古材と格闘中です。




DSCN0029.jpg


DSCN0050.jpg

お気に入りの古材をうまくはめ込んでいただけたらよいのですが

やっぱり、写真と現物を見るのとは違いますので、皆さんも「古材日和」滋賀まで現物の確認にお越しください

お待ちしております。


玄関にどう? 

DSCN0004.jpg
この2本 とある倉庫からでてきた古材なんですが、

DSCN0002.jpg
DSCN0003.jpg

こんな感じで使って、玄関の上框と式台にいかがでしょうか?

倉庫の古材を見ているといろんなものがあるので、『これはどう使ったら生きてくるだろう』とか考えているとすぐに時間が経ってしまいます。

みなさんもいろんなイメージを膨らませに、『古材日和』倉庫まで見学に来てください!!

よろしくね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。