スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慎重に!慎重に! 

古材販売に奮闘中の丸和産業です。

今日は、神社の社務所の破風板の製材をしました。

そう、屋根の部分で瓦の下に見えるあの板です。長さが長くてテリが大きいので、大工さん
に現物の型を作ってもらい型にあわせながら慎重に製材をしていきます。

今回は、米松の木で製材しましたが、破風に使う樹種としては他に桧・杉・米ヒバなんかが多いように思います。

この後腕の良い大工さんに型どおりに破風の板を切り出して加工してもらい立派な破風板の完成となります。


DSC01311.jpg
                DSC01309.jpg
                                                                                                                                                                                                                     DSC01308.jpg

スポンサーサイト

ついに来た! 

古材買取強化中の古材倉庫滋賀 丸和産業です

ついに 雪が積もってしまいました。

毎年、2・3回は積もるんですが、今年は雪がちらつくことはあっても、まだ1度も積もってなかったんですが、昨日の午後から気温が低く、雪が降ってきたので、明日はやばいなあと思っていたらやっぱり積もってしまいました。

今日は1日雪と格闘する日となりそうです。まあ、こんな日もあることですのでがんばっていきたいと思います。



DSC01294.jpg

DSC01295.jpg

DSC01291.jpg


週末は、スキーにでも行こうかなあ

もったいない 

古材の買取依頼の物件の現地調査に行ってきました。
大正の初期の建築ということであまり古くはないですが、某大手ゼネコンさんが10年かかって仕上げた作品であるということで非常にりっぱなものでした。
移築の話もさせていただきましたが、解体の時期もほぼ決まっており、難しいようです。
りっぱな材料を使い、手間をかけて建てられた作品が、壊されていくのはとても惜しいです。なんとか後世に残していくことはできないのでしょうか。

DSC01287.jpg

DSC01266.jpg

DSC01265.jpg

あ~残念! 

昨日と今日は取引先の工務店の協力業者会の総会と新年会を兼ねて静岡方面に旅行に行ってきました。

二日ともあいにくの天気で、今回は富士山を見ることができませんでした。

静岡は温暖根気候であったかいはずですが、さすがに昨日今日は寒かったです。滋賀に帰ったら雪が積もってるんじゃないかと心配しながら帰ってきましたが、全然大丈夫でした。今年は本当に雪が少ないです。

明日からは、気持ちを切り替えて、また仕事に頑張りたいと思います。

駿河湾

本来ならこっちの方角に富士山がきれいに見えるそうです

松がいっぱい! 

今日は 神社の社務所の現場に使う地松の丸太を買いに木材市場まで行ってきました。松の木は、今が旬の時期なので、この寒い時期に買っておかないとだめです。

甲林2


甲林1


甲林3


山を見ていると松くい虫なんかで枯れた松が多くて、松の木は少なくなっているように思いますが、たくさんの松が並んでいます。この社務所には、10本以上の松の梁を使いますが、たいへん贅沢なことに思えてきました。いつまで、こんなりっぱな松をそろえることができるのでしょうか?
古材の梁も、もっと普通に使われるようになるとよいと思います。

ヴィンテージ・リフォーム新年会 

 はじめまして、丸和産業の山田です

 長い間、みなさんにブログを書くように進められていたのに、今日までできなかったんですが、昨日新年会でブログを書くと宣言してしまいましたので、とりあえず良いと思ったらやってみようということでブログ書いてみます。よろしくお願いします!(いつまで続くやら)

 昨日は、ヴィンテージリフォームさんとの新年会で、もちろん井上社長にもお越しいただきました。古材市場の創造という使命をもっておられるからでしょうか、井上社長に会うと元気が出てくるように思います。
 
 ヴィンテージリフォームの皆さんもそれぞれがんばっていただいているようですし、今年はちょっと飛躍できる年にしたいなあと思います。                       10044580182_s[1]
(井上さん、勝手に写真をお借りしました。すいません。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。