スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新築上棟 

年末から納材させていただいていた、神社の社務所が上棟されたので覗きに行ってきましたSN370004.jpg


SN370001.jpg


もちろんプレカットではなく、大工さんの手刻みによる加工で地松の丸太も入っています

この物件を加工した棟梁は、まだ30歳前ぐらいですが(正確な年は聞いていません)しっかりとした仕事をされています

最近では、プレカットの物件が多くなり、刻みかたを教えてもらえる機会も非常に少なくなってきています。まだ年配の大工さんも多いですが、今後今の60代以上の大工さんが引退されてくるようになると若い人で手刻みの仕事ができる人は、とても貴重な存在になってくるのではないでしょうか

うちの会社もまわりの製材所が
どんどんやめていく中で、何とか生き残って適正な利益をもらえるようになるまでがんばって生きたいと思います

続きを読む

スポンサーサイト

引き続き移築希望物件 

前回に引き続き移築希望の物件です

DSC01497.jpg


明治中頃の建築ということですが、建物もお庭もとても手入れがが行き届いており、非常によい状態で住んでおられます

DSC01515.jpg


DSC01507.jpg


解体は急がないということで、もし興味のある方で移築をしたい方がおられればお譲りをしたいということです

DSC01518.jpg


DSC01516.jpg


この建物に、興味のある方は下記までお問い合わせください

古材倉庫*滋賀店
丸和産業株式会社
http://homepage3.nifty.com/maruwa2211/
tel 0748-23-2211 担当 山田

移築希望物件 

今日は移築希望物件の下見に大工さんとお施主様と一緒に行ってきました。


DSC01471.jpg


大工さんも見えない天井裏を覗き込むための穴をほこりだらけになりながらも慎重に開けてくれました

DSC01476.jpg


やはり、滋賀県でも北のほうのお宅は本当によいものを使っているお宅が多くて、今回も柱・鴨居・敷居等立派な欅がふんだんに使われています。


DSC01469.jpg


DSC01393.jpg


このお宅の建具や彫り物なんかは、とても手の器用なおじいさんが作られたものであったり、もともと平屋で茅葺だったのを2階建てにしたり、そのほかにも増築や改築を何回も行ないながら住み継いできたお宅なので、おばあさんも、このおうちには非常に愛着をお持ちのようでした

DSC01480.jpg


DSC01479.jpg


移築の話がうまくまとまり、みんながしあわせになれれば良いのになあと願っています








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。